Passing through~そらやのブログ

リンク元でもコメントはお気軽に。そのまま通りすぎた方も是非戻るをタップして遊びに来て下さい(笑)

クリムト展 ウィーンと日本1900 

気づけばもう10月下旬。
春からの体調不良を引きずったまま今年が終わって行くのは勿体ないので通院以外でも動ける範囲で出かけていました。ただのブログなのに長文を書くことを苦痛に思ったのはリンク元からこちらに移動してきてから初めてで
ただ何となく出かけていたいと思う日が多かったです。
遠征というほどの遠出はやはり難しいけれどどうしても見に行きたかったクリムト作品。本当は大阪の国立国際美術館でやっている"ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道"を真っ先に見に行きたかったのですが今回ばかりは難しく思い県内の豊田市美術館へ"クリムト展 ウィーンと日本1900"を見に行きました。
絵画の魅力は様々で
美しい作品もおぞましい作品も大好きだけれどクリムトの絵は圧倒的に美しくきらびやか。
絵の中の女性はまるで生身の女性のように生命の煌めきに溢れていました。
図録の表紙にもなったユディトの絵の前で思わず涙してしまいました。




f:id:soraya8:20191019225510j:image





f:id:soraya8:20191019225427j:image


 

↑タクシー降りたら目の前にユディトさん♪




f:id:soraya8:20191019224811j:image

 

 

豊田市美術館、評判どおりの素晴らしい美術館でした!

豊田駅までの車窓から見える風景はなかなか良いものでしたが思ったよりも時間がかかったのでもしかしたら新幹線→JR福島駅→徒歩で大阪の国立国際美術館に行ったほうが早かったかも?と思いながらも豊田市美術館に来れたことにも大満足。

美術館はやっぱりどんな場所よりも気持ちが落ち着きます。。。ってSNSやブログがなかった頃は美術館に行った事や見てきた作品の話を誰かに話すようなことは一切なかったから今とても不思議な感じです(* ̄∇ ̄*)

 

国立国際美術館のウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道も何とか最終日までに行けないだろうかと毎日考えています。

エゴン・シーレの絵もとても好きなのです。

 

 

 

そして...これまでずっと持病の治療で通院していた治療院が市外の住宅街に移転。
それに伴い通院自体がプチ遠征みたいになっちゃいました(^^;
地図で見ていた限りではちょっとめんどくさい場所のイメージでしたが実際に行ってみたら移転前よりも楽に行けたし大嫌いな坂道もなくて寄り道も新鮮な気持ちで楽しめて最高な場所でした!

先週の台風の影響でジストニア症状が強く出ていつも以上に右手の指が開きづらくなったり首がこわばったりもしましたが今後は晴れやかな気持ちで通院出来るようになるでしょう!

 

そしてもう2ヶ月ほど前の話になりますが

フェルナンド・トーレス選手の引退試合鳥栖のボロ負けで終わった事がめちゃめちゃ悲しかったことを久しぶりにやっと書けたブログの最後に書き残しておきます(。´Д⊂)

 

 

全部消えた。

一瞬にしてスマホのデータ全部吹っ飛びました。

 

自分の記憶が確かだったようでここには戻って来れました。

以前家電量販店で買った安いSDカードは新しい機種では使い物にならず、、、

約16万円相当の音楽たちは戻らず。

貴重な写真ももう自分の記憶の中でしか再現出来なくなってしまいました(泣)

 

4月に手術をしてから約4ヶ月、電子レンジは壊れ洗濯機も壊れそして突然スマホの電源が入らなくなってこの機械音痴が心の準備期間もないまま強制機種変とは泣ける(。´Д⊂)

いや、泣けるどころか新しい文明の利器をいきなり3台も使いこなさなくてならないという拷問にどうやって耐えればよいのか。。。

(電子レンジはまだ段ボール箱の中)

 

数ヶ月の安静を強いられ筋力も弱って足りないバイタリティーも更にすり減ったところで熱中症に。しかも病院が休診の日に倒れるなんて運が悪すぎ!なんて言っていたら今度はスマホが最寄りの携帯ショップが月に1日しかない定休日に何の前触れもなく壊れるなんてもう以前の神級不運の私に戻ってしまったようです。

 

でも

 

毎晩次の朝が来なければいいのに!と思いながら一応生きていただけのあの頃には戻りたくないな...

 

頑張っていた頃によく聴いていたR&Bを思い出しまだ空っぽに近い新しいスマホに入れたのはこちら

"Brandy - Everything I Do - I Do It For You"

 


Brandy - Everything I Do - I Do It For You - YouTube

 

 

自分と同世代のR&Bアーティストの中ではAaliyahと同じくらい大好きだったBrandyが歌う

Everything I Do(I Do It For You)

オリジナルはブライアン・アダムスで映画"ロビンフッド"にも使われていたそうですが殆ど映画を観ない私は知りませんでした。

 

近年めっきりR&Bから遠ざかってしまっているけど、こうして再び聴いてみてもやっぱり素晴らしいです。

頑張っていた頃の

頑張っても完璧にダメだった自分さえ思い出したりしなければ尚よいですd(>ω<。)

 

 

 

手術

お久しぶりです。
前回のブログがJリーグ開幕の内容なのでもう2ヶ月以上も経っていますね。

実は病気が見つかり外科手術を受けました。
これまでに酷い中耳炎で鼓膜切開したり
下顎に癒着した厄介な親不知を左右共に30分以上かけて砕いて取り出す手術も受けましたが今回は初めて首から下の身体部分にメスを入れました。

私にはジストニアと喘息というなかなか面倒な2つの持病がありますが
持病を2つも抱えていて大変だからといって他の病気にならないよう神様が帳尻を合わせて下さるわけでは、、、



ありませんでしたね(-o-;)



ちょうど前回のブログを書いていた頃でしょうか
身体のやわらかい部分に出来物があるのに気づきました。
私はもともとそばかすが多く赤っぽいホクロも若い頃からあったけれど吹き出物的なものは出現してもわりと早く自然に治っていたし今回の出来物もそのうち自然に治る類のものだろうと深く考えず放置していました。

・・・・・ところが!
出来物は1ヶ月経っても治らず。大きくも小さくもならない。
これまでどんな肌荒れや切り傷も治してくれた市販の皮膚薬を塗って様子を見るも変わらず更に1ヶ月が経過...さすがに楽観視出来なくなり腫瘍に詳しい女性医師の診察を受け検査した結果
なかなか質の悪い出来物でした。
薬では治らない、放置すれば癌を発症する病気になっていました。
この女性の先生は明るく元気で説明も詳しくしてくれるので安心感を覚えた私は彼女に治療をお任せしたかったのですが残念なことに私の病状には非対応とのことで一瞬肩を落としました。
でも私の希望をよく聞き入れて下さった結果、少し遠い市外の病院の院長先生に紹介状を書いて下さいました。
「手術をするからには精神面、心の安らぎも重要」と考えるのであれば私の場合は市外に出るほうが圧倒的に良いと数日後すぐに紹介状を持って市外の病院へと向かいました。

こちらの医師の診察を受け手術を決断。
手術の日程も運よく希望日時に決まり残す問題は親に話すタイミング...
私、一人っ子なんですよね。まあ両親の一点モノの失敗作ですけど母にとってはたった一人の子供なわけで...
話すの悩みましたが
話してみたら

「仕事あるからそんな遠く(市外)なんかついて行かないからね~」

ですってwwwwww

あ~あ。

悩んでた私、なんだったんですかね(  ̄▽ ̄)

執刀医の熟練のワザで手術は無事に終わり麻酔が切れた後も想像していたような強い痛みはなく病院近くのホテルに泊まり大好きなサッカーを観ながら一人ダラダラ過ごしそのまま寝てしまいました。
翌朝ホテルをチェックアウトする際フロントにいたスタッフ達が「おはようございます」の挨拶をしない事に少々びっくり、かなりイラッとしたので身体の痛み以外の事にちゃんとストレスを感じられるだけの余裕があることを確認できました。
(よく関西のホテルに泊まりますが挨拶してくれないホテルスタッフなんていないですよ!)

手術翌日の診察も終わり帰路に。
市内の総合駅に着くと何だかんだで名古屋って都会だなと実感。
やれやれでため息ついた私に一人のオッサンが近づいてきた!と思ったら母でした(゜ロ゜)

市内の総合駅には美味しいお店がいっぱいあるので迎えに来たと言いながらランチしたかったんだという魂胆はミエミエ(-.-)
挨拶しないホテルのスタッフといい母といいみんなお気楽でいいな!と大盛り無料のランチを注文する母を見ながら思いました(^-^;

完治には時間を要するとはいえけっこう深刻な病状でも日帰り手術が出来るような時代になってるんですよね。自分で探した女性医師の対応から紹介先の病院の執刀医、看護師まですごく丁寧で感じのいい方々に恵まれてきめ細かい質の高い手術、治療を受ける事が出来て幸運でした。
今回の手術、通院等で5月に予定していたライヴ遠征費用が全部吹っ飛びましたがスタンディングライヴに耐えられる身体に戻るにはまだまだ時間がかかるので今月はおとなしく久しぶりに読書でもして過ごします。




f:id:soraya8:20190503023031j:plain



私、立原正秋の小説が好きでよく読んでいたのでまた読み返してみます。

さあ開幕だ!

Jリーグ開幕しました

プレミアリーグを去ったいちばん好きな選手のプレーは満足に観れなくなるのでこれからは手軽に観れる試合を出来る限り楽しみながら観たいと思い初めてJリーグの選手名鑑というものを買ってみました



f:id:soraya8:20190226000613j:plain

営業職に就いていた経験もあるのに人の顔を覚えるのが苦手で(汗)
これがあればJリーグ各クラブの選手の顔と名前を覚えられるはず...です(^^;

特にサッカー選手はよく走り回るので誰が誰だか分からなくなるし
昔はボールばかりを見てしまう癖があって目が回って乗り物酔いしたみたいになるしサッカーに興味があるのにまともに観れないという特異体質でした
こうして字面にするだけでもなかなか恥ずかしいけど
今ではちゃんと試合を観れています!

小柳ルミ子さんみたいに
年間2000試合観る事を目標にしたいのですが
ちゃんと他のやるべき事もこなせるだろうか?と早速諦めそう(-.-)

病的多趣味でいいこともあれば悪いこともあるでしょう

しかしもうサッカーもクラブ単位では応援はしないと決めました
好きな選手が追い出されたみたいに思えるような形で移籍するとキーーーッ(=`ェ´=)てなりますから

子供の頃から親の影響でずっと30年ぐらいプロ野球を観てきたし球場にも何十回も行ったけど応援する球団があったことも好きな選手がいたことも皆無なので移籍だのトレードだのという話に敏感になった事もありませんでした
日本のプロ野球が好きでプロが繰り広げる試合そのものが楽しくて観に行った試合どっちが勝っても負けても機嫌を悪くする事もないから自分にとってプロ野球観戦は本当にストレスのない良い娯楽でした

ところがずっと気になっていたサッカーを観るようになったら野球をよく観ていた時とは全く違い特定の好きな選手は出来てしまうしサッカーというスポーツの特質上、ひと度観始めたら目が離せないし引き込まれて行く感覚がまさに未知との遭遇でした
そして好きな選手が移籍してしまう悲しみも初めて経験
中学時代すごく仲のよかった友達が転校してしまった時の寂しさと似たような気持ちがずっと続いています
友達と違ってもともと自分の生活圏内になどいないダゾーンの中の人(笑)でしかない欧州リーガーでもこれまでと同じように見れないとなるとこれも立派な環境の変化と言えるのでは?とか今まで全く無縁だった種類のダメージを感じるとは今の自分どんだけサッカー好きなんだろう

そして

毎年恒例のプロ野球の"オープン戦観に行きましょう"のご近所付き合いが今年も始まりました
ご近所付き合いは大事だから2試合ぐらいはご一緒しますかね
本当はとてもそんな気分にはなれないけどこれも大人のオシゴト





ゴッドタン始まりました!
今日はエロあるあるかるた


早くも大好物の予感ですw

函館到着だって!

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-②巻

今回は発売日に買えました!



f:id:soraya8:20190218001811j:plain

右側にあるのはジャンプスクエア最新号の付録のクリアファイルです
大好きな志々雄様なので②巻単行本と一緒に並べて撮りました!



昨年9月上旬に北海道編①巻が発売された時はW杯ロスを埋めようとプレミアリーグの試合を追ったりロックのライヴに夢中になりすぎうっかり発売日を忘れていました

記念すべき北海道編の第1巻が発売されたというのに信じられない(..)

気づいた時すでに発売日から1週間も経過していて近年めっきり減ってしまった書店を7軒回りましたが売り切れで買えず
忘れていて買えなくなったくせに早く読みたい我が儘な私は電子書籍を購入し結局単行本を購入出来たのは1ヶ月後の10月上旬でした

るろうに剣心はもともと漫画やアニメが子供の頃から嫌いだった私が成人してから初めて好きになった漫画です

ジャンプの連載作品だということも自分が成人するかしないかぐらいの時代にテレビでやっていたことも30過ぎても知らなかったし
「るろうに」ってどういう意味?とかこんなにも有名で人気の作品なのに本当に何も知りませんでした

アニメや漫画の実写化を好ましく思わないアニメや漫画をこよなく愛する方々の気持ちも以前はよく分かりませんでしたが
今は多少は分かるようになっていると思います

そういうことか...
あ~あ。
もうちょうと何とかならなかったのかな?

実写の伝説の最期編の感想がそんな感じでした

でも1作めと京都大火編はなかなかよかったので実写化自体は全部が全部違和感だけで終わるとは限らないし好みの問題もあるのかもしれません

なかなかのインパクトで(?笑)佐之助も登場していよいよ面白くなってきた北海道編②巻

早くも③巻の発売が楽しみです


そしてやべっちFCが始まったのを横目で見ながら自分はとことん漫画を語るのに向いていない事に気づきました(汗)

デジっちが行く!今日が最終回なんですね
面白かったからなくなるのは寂しい(;O;)